ちっぱいフーゾク嬢と野外あれち

ある日の昼間、俺・吾郎は母親の頼みで駅舎へと向かっていた。何分俺のいる町(いいえ、村のほうが正しいかな)はど生まれ故郷で、心底それぞれ怪我ねぇ。
でも、この日、街角がかった停車駅にて自力のブロンド美少女・ちなつ氏を見掛ける。何。風呂スタンバイか?物珍しい。
俺は関心から彼氏に話しかけてみたんだが……、挙句でエッチすることに!?
で、長時間事後。
「あん♡ああん♡」
「風貌に似合わず、やらしい所感差し出すんだな」
ヌードの彼氏のアソコに自分の肉棒を挿入すると、彼氏は可愛らしく喘いでくれた。最高に愛らしい。ミルクはぺたんこでちっぱいだけど。
だが、エッチを終えた事後、
「嘘……お、対価もってないって……ど、いかなる点……?」
「い、いや、だから……」
「支払う気も薄いのに……あたしとエッチしたって状況……!?」
どうも彼氏は風俗嬢らしく、俺を観客としてエッチしたらしき。めちゃくちゃかよ。
「さ、最初に正しく言ったじゃん。ちなつはしょーふだよって。凄いよ。本当にアガリ持って帰れないと、また怒られちゃう……」
「そ、そんな事言われても。困るよ」
投げ出す俺。すがりつくちなつ氏。案の定どうなるの!?
当作品はメンズ仕様作で、風俗嬢と野外エッチしまくって仕舞うというアナウンス。
裏森ボウイ氏の作ですね。『俺有利修学旅行』を始めとした、興味称号をいくつも世間に公表してきた仲間君だ。
個人的には当作品はひときわお求めできる一本!
ちっぱいの風俗嬢・ちなつちゃんと出会ってしまった青年・吾郎。挙句から、野外エッチをしてしまう両人ですが、ちなつ氏の感性に興奮しめくる吾郎。
見事職業だけあって、ちなつ氏は吾郎の品を舐める内、吾郎のもろい店を即座に見つけ、ベッタリしたフェ○を報告。ぞくぞく身体が震えて、ついイって仕舞う吾郎。
いやはや、口の中で舌先で皮を剥いたり、技が高等流れる!というかバックアップ良すぎ!
その上、天王山エッチまでしちゃいますからねぇ。幾ら客人取れずに苦労しているからって、すぐさま初対面の男性に生でエッチさせちゃう母親なんてそれだけおるものでしょうか?(笑)
とはいえ、吾郎とちなつ氏ではエッチに対してフィーリングの違いがあり、対価を払えずに止める吾郎。本当に二人の関連はどうなるの?
当作品はハンディコミック他で感嘆デリバリーまん中なのですが、対談総和も短く、非常に読みやすいだ。まずは標本を!
セイラの脱毛サロンはこちら